一風堂35周年 創業祭 「極からか麺」発売開始

一風堂35周年 創業祭 「極からか麺」発売開始

一風堂は2020年10月16日(金)に創業35周年を迎えます。創業35周年を記念しまして、定番ラーメンである「一風堂 からか麺」をリニューアした「極(きわみ)からか麺」を発売します。

一風堂の「からか麺」は、1989年に一風堂の第一号店「一風堂 大名本店」で誕生。誕生以来好評のため販売店舗数を増やし続け、今では一部を除き全国の一風堂店舗にてご提供している、やみつきになる刺激的な辛さが特徴の一杯です。一風堂では代表ラーメンとして「白丸元味」と「赤丸新味」を掲げていますが、実は「一風堂 からか麺」の方が歴史は古く、定番ラーメンの中で最も永く愛され続けています。

新しい「極からか麺」は、“刺激的”であり、かつ辛味、旨味、甘味をバランス良く味わうことができる一杯。スープは、一風堂の香り高いシルキーなとんこつスープに自家製ラー油と香油を合わせ辛味とコクをプラスし、麺は中太ストレート麺から変えて博多ならではの細麺を合わせました。トッピングは、従来のからか麺よりもさらにスパイスを増やし、香り、辛味、旨味を一層強くした「肉味噌」と、複数のスパイスで辛味と香りをつけた「シーズニング天かす」をのせ、食感も楽しめるようにしています。辛さは「普通」と「特辛」の2種類から選ぶことができます。そして最大の変化は、「胡麻ばくだん」です。炒り胡麻や練り胡麻等で作った特製の胡麻ペーストで、「極からか麺」に添えてお出しします。食べ進める途中、スープに入れて溶かすことで担々麺風の味わいに変化し、味変を楽しむことができます。

一風堂は、「ラーメン業界に一陣の風を吹かせたい」という創業者・河原成美(かわはら しげみ)の想いのもと博多の地で誕生しました。35周年の創業日は、これまでとは全く異なる情勢の中で迎えることとなり、過去に何度か行ってきた創業イベント「ラーメン無料振る舞い祭」のようなことは行わないことを決断しました。しかし、こんな時でも、世の中に「刺激」を与え続ける存在でありたいと、今年は「刺激」の一杯、「からか麺」のリニューアルを創業記念として行うことにしました。

 

■「極からか麺」販売概要
販売開始日:2020年10月16日(金)
商品名:極からか麺(きわみからかめん)
価 格:850円(税別)
※辛さは2種類、「普通」「特辛」からお選びいただけます。
※チャーシュー2枚、のり3枚、半熟玉子がのった「特製極からか麺」1,090円(税別)もご用意します。
※現在の「一風堂 からか麺」のご提供は10/15までとなります。
※販売しない店舗:成田空港店、1/2PPUDO 渋谷ヒカリエ店、IPPUDO RAMEN EXPRESS 安濃SA

 

一風堂 公式サイト
https://www.ippudo.com/news/ippudo_35th/

 

グルメカテゴリの最新記事