セブン-イレブンにシェアサイクルサービス「Charichari(チャリチャリ)」を導入

セブン-イレブンにシェアサイクルサービス「Charichari(チャリチャリ)」を導入

シェアサイクルサービス「Charichari(チャリチャリ)」は、福岡市内のセブン‐イレブン店舗への駐輪ポート設置を進めてまいります。

チャリチャリは、2018年2月に福岡市でサービスを開始し、累計275万回以上、月間25万回以上のご利用をいただくまでに成長いたしました。2020年4月からは福岡市との共同事業として新たに採択され、現在は約290箇所のポートと約1500台の自転車で展開しています。また、2020年7月15日より名古屋市でサービスを開始、2020年9月16日からは東京浅草エリアでもサービスを開始することとなり、それぞれの都市において、当社のミッションに掲げる「まちの移動の、つぎの習慣」をつくっています。

福岡市内のセブン-イレブン店舗に駐輪ポート設置が進むことで、お客さまにとって日常の移動と繋がりが強いコンビニエンスストアとの接点が拡がり、より親近感をもってご利用いただけることを期待しています。今後、設置店舗数を順次拡大することで、お客さまの利便性向上を図るほか、セブン-イレブンへの来店・より楽しいお買い物へと繋がる取り組みも、サービスの改善とともに検討してまいります。

 

「ちょい乗り」ニーズへの対応

チャリチャリは、1分4円の料金設定と福岡市内における高密度のポート展開により、1回平均12分前後のご利用という「ちょっとそこまで」のニーズに対して、幅広い層のお客さまに日常的にご利用いただいております。また、コロナ禍における三密を避けた移動手段のひとつとしても、本年1月比で2倍以上となる月間25万回以上という高い利用回数を記録しております。まちの皆さまの利便性向上を図るため、日常利用のニーズが高いコンビニエンスストアへの駐輪ポート設置を進めてまいります。

今後の展開

・ポートの設置店舗数:福岡市内の32店舗(9月17日時点)
・今後も継続してセブン-イレブン店舗への駐輪ポートの新規設置を進めてまいります。

ローソンに続き、セブンイレブンにも設置が進んで助かります。

 

 

 

コンビニカテゴリの最新記事